子どもが金銭感覚を身に付けることの必要性とその方法

子供の金銭感覚を養う「お金の教育」とその方法をお教えします

金銭感覚が違うことで生じてくる問題点

同じ金額に対してそれを多く感じるか少なく感じるかは人によって違ってくるものですし、そのお金をどのように使うのかということも人それぞれだと言えるでしょう。 こうした感覚は人によって違ってくるものですが、一般的にはどのような考え方が望ましいと言えるのでしょうか。

子どもに対するお金の教育

小学校入学や進級を機に、お小遣いを開始しようというご家庭も多いのではないでしょうか? まずこの場合に注意しておきたいポイントは、あらかじめお金を渡すタイミングや金額をきちんと決めておくことだといいます。 ここからはお小遣いにまつわるその注意点について見ていきたいと思います。

アメリカでポピュラーなお金の教育法とは

アメリカで知られているこの方法はゲーム感覚で楽しみながら金銭感覚を身に付けていくことができるとして、子どもがまだ小さいうちから少しずつ始めているご家庭が多いといいます。 それを年齢に合わせて段階的に進化させていけば、実戦に近い金銭感覚を身に付けることができるようです。

生活に困らないような一般的な考え方

子どもの頃の習慣によって金銭感覚の大半は養われるものなので、それぞれに違いが生じてしまうことは仕方のないことだと言えます。
そしてそのせいで大人になってから苦労しているケースというのもしばしば見受けられる問題となっているのです。

特にパートナーとの間に金銭感覚のズレが生じてしまうと、それが揉め事のタネとなってしまって関係を維持していくことが難しくなってしまうでしょう。
初めのうちは節約上手だということを過大評価していたとしても、時間の経過とともにそれをケチで窮屈だと感じるようになるかもしれません。
逆に思い切りよくお金を使う潔さを魅力だと感じていたのだとしても、実は自分の身の程をわきまえないただの浪費家だったということもあるでしょう。
そうは言っても、金銭感覚が全く同じだという人を探すことは不可能に近いことなので、ある程度は大目に見て話し合いの場を設けていくしかありません。
問題は生活に困窮するほどの使い方はせず、自分の収入の範囲内でやりくりできるかどうかなのです。
そのためにも小さいうちからお金を稼ぐことの大変さと、手にしたお金を無駄にしない使い方をきちんと考えられるような教育をしておくことが重要だということが分ります。

金銭感覚というものは育ってきた環境に左右されるのであとから修正することは難しいと思われがちですが、不可能とは言い切れないようです。
それまではあればあるだけ使うというやり方をしていたとしても、修正しようと思い立ったのならやりたいことや欲しい物のために必要な金額を算出して、そのために必要な金額を目標額に定めてみるといいでしょう。
無駄を省きながら目標額を目指すというミッションを実現させて達成感を味わうことができるようになったとしたら、その頃にはズレた金銭感覚も大きく修正されていることと思います。